スポンサーリンク

IHクッキングヒーターで、アルミ鍋、銅鍋使用時の注意点。

IHクッキングヒーターのオールメタル対応品の取扱説明書を見ると、
「軽いアルミ鍋を使用すると、鍋が動くことがある」
「調理物と鍋との重さが合計1キログラム以上必要」

といった記載がされています。

これは鍋底に、加熱コイルを流れる電流とは逆向きの渦電流が発生し、磁気反発力が生じて、鍋を浮かせようとする力(浮力)が働くことによるためです。

アルミ鍋など軽い鍋ほど浮力の影響を受けやすいということです。

しかし、記載重量以上になるように水を入れてもフライパンは動いてしまうことがあることがわかりました。また、銅鍋では、浮力の影響はなかったものの、加熱中に鍋底が変形することがあり、これによって火力の変化による湯沸し時間のバラツキ等、別の問題があったとのことです。

軽いアルミ鍋、銅鍋を使用する際は、ぜひこういった点を注意してみてください。


アルミつながりでもう1つ。

アルミ容器入りインスタント食品を調理してみたところ、容器に水を入れて調理するタイプの麺類は問題なく調理できました。

しかし、「ガスコンロで使用すること」とあるポップコーンの場合、すぐにアルミ底が溶けて穴が開き、内容物が出てきてやけどするおそれがありました。

アルミ容器入り食品はIHクッキングヒーターでの調理を避けたほうが無難のようです。

(参考雑誌 : 国民生活センター発行 たしかな目 No.239 2006年6月号)

【関連記事】
⇒ルクルーゼ製品 IH電磁調理器での使用について
⇒IHクッキングヒーターでお湯を沸かす場合はステンレスが一番経済的だそうです。
⇒IHクッキングヒーターの予熱には細心の注意を!

スポンサーリンク


ルクルーゼ販売 商品情報≪随時更新≫

はじめに

知りたい!ルクルーゼの悩み解決・問題解決

知りたい!ルクルーゼの悩み解決・問題解決
道具を取り扱うには正しい扱い方・お手入れ方法があります。それは先人から受け継がれてきた知恵でもあります。現代のデジタル機器のように、取扱説明書も読まず操作できるものとは異なるでしょう。ルクルーゼのお鍋・ストーンウェアなどを安心して長く使うためにも、ぜひ目を通してみてくださいね。

料理・レシピ

注目!ルクルーゼの料理・レシピ
ルクルーゼのお鍋やフライパンで作る簡単料理を取り上げています。「試しに作ってみよう!」的な楽な感じのものばかり。ぜひチャレンジしてみてください。

大活躍のルクルーゼ料理・レシピ本

大活躍のルクルーゼ料理・レシピ本
ルクルーゼのお鍋の特徴を活かした料理を、自分のモノにするのに活躍する本。料理のレパートリーを増やしたい方や、基本の料理を確実に美味しく仕上げたい方にもおすすめ! ルクルーゼ料理・レシピ本の一覧はこちら